やましょう(うなぎ弁当・焼き鳥)|本八幡、市川の不動産など市川市を中心とした物件多数取り扱い!

豊友ハウジング トップページ
> 街のお得!?情報 > やましょう(うなぎ弁当・焼き鳥)

街のお得!?情報

やましょう(うなぎ弁当・焼き鳥)

千葉県市川市八幡2-16-20(JR「本八幡」駅より約2分)

リーズナブル! 国産にこだわるうなぎ弁当

「うなぎが大好物です!」
と言い切る人は多いのではないでしょうか。私もその一人です。できれば国産がいい。でも高い・・・。うな重だと3000円前後します。
しかし、本八幡のやましょうなら、かなりリーズナブルに美味しいうなぎを味わえます。

朝まで生きている静岡県産うなぎを使用

安さの秘密は店内では食べられない弁当だということ。

pic pic

とはいえ、味は高級店に負けていません。うなぎはおもに静岡県舞阪産を使用。国産うなぎにこだわっています。
毎朝生きたまま届くうなぎを午前中に調理します。その日の天気や湿度によって蒸し時間を微妙に調整するそうです。このことで常にベストな柔らかさになるとか。創業40年ならではの技術です。
「台風とかで届かない日はどうするんですか」
と聞いたところ、
「そりゃ、そんな日は店を閉めるよ」
とのこと。さすがです。

さて、肝心のお値段は、かば焼きが1300円と1900円の2種類があり、それぞれ弁当にすると200円追加の1500円と2100円になります。違いはうなぎの量のみ。質、味は同じです。
一般的なうなぎ料理店のおよそ半額です。国産うなぎが減る中がんばっている料金設定ではありませんか。

pic pic

また、1串でうなぎ6〜7匹分使うという、きも焼き(200円)も人気商品です。午後は売り切れる可能性が高いそうです。

pic
冷凍肉は一切使わない焼き鳥もおすすめ

うなぎのほかにも焼き鳥を扱っています。こちらにもこだわりが。冷凍肉は一切使わず毎日お店で切って串に刺しています。その結果、柔らかくジューシーになります。また、一切れ一切れが大きいのもうれしい。一度食べるとスーパーの焼き鳥は食べられなくなるかもしれません。

pic pic
熱々のうちに食べること!

さて、いよいよ実食です。今回は1500円のお弁当をいただきました。

pic

タレ、山椒、お新香付きです。

pic

1500円でもこのボリューム。

付属の山椒とタレをかけていただきます!

pic

「幸せ〜〜〜!」
身がフワフワ、熱々です。
しかも柔らか目に炊いたご飯にタレがよく染みていてこれまた旨い。

お弁当を受け取るときにご主人が言っていました。
「うなぎは冷めるといきなり味が落ちます。できる限り早く食べてください」
なるほど、その通り。買ったらすぐに食べることをおすすめします。
ちなみに来店前に電話をすれば到着時間を合わせて焼いてくれるとのことでした。

うなぎは夏が旬と思うかもしれませんが、実は脂が乗る冬が一番美味しいそうです。
このお値段なら週一回くらい食べられそう。国産うなぎをぐっと身近に感じました。

やましょう(うなぎ弁当・焼き鳥)

千葉県市川市八幡2-16-20(JR「本八幡」駅より約2分)

記事の内容に関しては失礼の無いよう十分配慮しているつもりではおりますが、
もしご紹介対象のお店の方や関係者の方で記事の削除・修正をお求めの方がいらっしゃいましたら、
こちらにご連絡頂ければ対応させて頂きます。

会員様限定441件公開中!

登録無料!会員募集 フラップシリーズ大好評分譲中!豊友ネット倶楽部

スタッフ募集中!!豊友ハウジングでは共に働いてくれるスタッフを募集しています。

FOR YOU NEWS

今日は晴れ?雨?市川市お天気ニュース
幸せ家族の喜びの声お客様メッセージ

CONTENTS

詳細はこちら
友だち追加